banner

行政書士試験の概要を知れ その壱

さて、ここで、行政書士試験の概要について、お話ししましょう。

行政書士試験は、1年に一度だけ行われる国家試験です。
日程などは、このようになっています。

■試験日■
11月の日曜日
第二日曜日である場合が多いようです。
平成24年は、11月11日に行われました。

■試験時間■
13:00~16:00
ただし、集合時刻は12:30です。
12:30までに、試験会場で着席している必要があります。
尚、入室ができるのは12:00からということになっています。

■受験資格■
受験資格は設定されていません。
学歴、職歴、年齢、国籍などを問わず、誰でも受験することができます。

■受験願書の受付日程■
8月上旬~9月上旬
願書受付は、郵送受付(簡易書留)とインターネット受付とがあります。
どちらを選択しても構いませんし、もちろん受験の有利不利などはありません。

尚、平成24年の受験願書受付日程は下記の通りでした。
郵送受付の場合は、8月6日~9月7日(9月7日の消印有効)、
インターネット受付の場合は、8月6日午前9時~9月4日午後5時

■受験手数料■
7,000円
全国一律です。

■受験会場■
北海道から沖縄まで、全国各地に受験会場が用意されています。
平成24年度は、69会場が準備されました。

受験会場は、願書を送る際に、希望会場を指定できます。

ただし、希望人数が多く人数超過の会場である場合は、他の会場で受験することになります。こうしたときの優先順位は、受験願書が届いた順ですので、願書は早めに提出することをおすすめします。

■受験票■
例年、10月下旬に、各受験者に郵送されます。

■試験日の持参物■
鉛筆またはシャープペンシル(BかHB)、消しゴム、腕時計、受験票
尚、受験会場によりますが、上履きが必要な場合もあります。

■合格発表■
翌年の1月下旬
平成24年度試験の合格発表は、平成25年1月28日でした。

合格発表の方法は、
一 財団法人行政書士試験センターに、合格者番号が掲示される。
二 財団法人行政書士試験センターの公式サイトに、合格者番号が掲示される。
三 各合格者に、試験結果が郵送される。

尚、不合格だった方にも、試験結果は郵送されますので、次年度の受験の参考になさってください。

行政書士勉強法の十戒