banner

学習動機を持て

行政書士試験を受験しようとしているあなたは、なぜ、この資格を取ろうとお思いになったのですか?

就職や転職の為ですか?
将来、独立開業をする為ですか?
それとも純然たる知識欲の為ですか?

いいえ、あなたに、行政書士資格を取る理由を尋ねることはいたしません。
それは、他人に話すことではなく、あなたの心の奥に、大切にしまっておけばよいのです。

これからあなたは、行政書士試験に向けて、勉強を開始するでしょう。
そして、試験勉強の途上では、様々な困難が、あなたを待ち受けているはずです。

日々の仕事が忙しくて、勉強が計画通りに進まなかったり、
勉強内容が、あなたの想定よりも、ずっと難しかったり、
あるいは、不慮の事故や病気で、勉強時間が確保できなくなったり、
また、試験勉強のためにつきあいが悪くなったあなたに対して、周囲の人が心無い揶揄をすることもあるかもしれません。

しかし、こうしたことは、あなたの上にだけ起こる問題ではありません。
全国6万人の行政書士試験受験生の、誰にも起こりうることです。

ですからあなただけが、こうした状況に屈してはならないのです。

行政書士試験は、他の受験生と点数を競う試験ではありません。
他の受験生の点数には関係なく、あなたが一定点数を取ることで、合格できる試験です。

ですから、点数においては、受験生の中で、一番になる必要はありません。
しかし受験動機だけは、他の誰と比べても遜色のない、一流の動機を、胸に秘めていてください。

なぜなら、困難が起こったときに、受験動機が脆弱であればあるほど、目標を達成できぬまま、やるべきことを断念してしまう可能性が高いからです。

行政書士試験は、クリアすれば終わるゲームではなく、
あなたの夢を開くための、ひとつの鍵を手にする手段です。

行政書士資格は、
○この国中、どこに行っても通用する、
○終身、使うことができる、大きな力のある鍵なのです。

ですから、勉強を開始する前に今一度、あなたの受験動機を見つめ直し、試験までの困難は乗り越えて、きっとこの資格を取得してください。

行政書士勉強法の十戒